代襲相続による相続登記とは?

The following two tabs change content below.

saitou

司法書士さいとう司法書士事務所
青森市大野でさいとう司法書士事務所を経営している代表齋藤洋介です。 相続を中心として業務を行っています。 趣味は自転車(ロードバイク)、青森市内のラーメン店巡り、司馬遼太郎の小説を読むことです。
代襲相続

ここでは、代襲相続とはなにか、甥姪や配偶者は代襲相続するのか、また、養子の子供は代襲相続するのか、相続放棄や相続欠格、廃除があったら、代襲相続はあるのかについて解説しています。

代襲相続とは?

ながらく疎遠だった親戚から連絡がきて、なにごとかと思ったら、

「土地の名義を変えるから印鑑を用意して。」

と突然言われてびっくり。ありそうな、そしてなんか聞いたことがあるような話です。

たとえば親戚のおじさんが亡くなったとして、自分も相続人となるケースがあるのでしょうか?

代襲相続という規定が民法にあります。(ちなみに「だいしゅうそうぞく」と読みます。)

甥姪が代襲相続

代襲相続1

ホントは相続するハズの人がなくった場合にその子などが代わりに相続するという制度なんです。上のイラストをごらんください。

祖父母、おじさんの子は存在せず、父がおじさんより先になくなっています。このケースでは本来は父が相続する分を娘が相続することになるのです

つまり、父に代わり(代襲)、娘が相続するわけです。

代襲相続をする人は?

お亡くなりになった人の孫、ひ孫、玄孫といった具合に子孫(直系卑属といいます。)が代襲相続することになります。本来相続する人が亡くなって、その人に子供がいたら子供が代襲相続するし、もしその子供も亡くなっていたら、その孫が相続人となるのです。

ここでポイントがふたつあるんですが、

まず、配偶者代襲相続しません。

夫に先立たれて、義理の親の介護をしていたとしても配偶者である妻は相続できないのです。

甥姪の子供は代襲相続できない

代襲相続3

もうひとつ、姪甥の子は代襲相続できません。

おじさんが亡くなっても孫は代襲相続しません

なぜなら、おじさんからみてお孫さんは直系卑属ではないからです。ちなみに傍系卑属(ぼうけいひぞく)にあたります。

傍系卑属のケースですと代襲相続するのは甥姪までと限られています。

おじさんからみて甥姪の子供は縁がだいぶうすくなっているとおもいます縁のない人が相続財産をあてにするなと民法は考えているのかもしれません。

養子の子は代襲相続するの?

それでは養子の子は代襲相続するのでしょうか?養親がお亡くなりになったら、養子がその相続人になるのは問題ないでしょう。

養子縁組前後で代襲相続は違う

代襲相続4

では養子の子は相続人になれるのでしょうか。民法ではこうかんがえています。

上のイラストをごらんください。

養子縁組をする前に生まれた子供は代襲相続しません。

養子縁組をした後に生まれた子供は代襲相続します。

養子縁組とは、簡単にいうと「実際は血のつながりはないけど縁組の日をさかいに法律上は血のつながりのあることにしよう。」ということです。

逆にいうと、養子縁組の日より前に生まれた養子の子供は養親とは血のつながりがないということになるのです。

ですから、養子縁組前に生まれた子供は代襲相続しないわけです。

相続を放棄したらどうなる!?

相続財産はいつもプラスとはかぎりません。大きな借金を相続するときだってあります。

相続したとたんに債権者が自宅に押し寄せてくるかもしれません。

「借金なんて相続したくないよ!」

誰だってそうだと思います。ですからこういう時は、相続放棄というものをします。

相続放棄の効果は強力で、「初めから相続人でなかった。」ということにしてしまいます。

関連記事【相続放棄とは?メリットデメリット、撤回はできる?

これで安心ですね。でもひとつ問題があります。

父が大きな借金をこさえて亡くなったので、相続放棄したとします。その後に祖父が亡くなったケースで、代襲相続で祖父の相続人になれるのでしょうか。

なにせ相続放棄により父の相続人ではなくなったのですから。

結論からいうと、このケースでも代襲相続します。

相続欠格や廃除でも代襲相続することがある

ホントは相続するはずの人が亡くなった以外のケースでも代襲相続することがあります。

相続欠格と相続人の廃除です。

相続欠格とは相続人の相続権を奪ってしまう国家の制裁です。

被相続人を故意に殺したとか、遺言を変造したとか、なんかドラマにありそうな話ですよね。

こういう時に国家の罰として相続権を奪ってしまうのです。

相続人の廃除は、被相続人の感情の問題です。

相続人が被相続人に虐待とかしていたら、被相続人が家庭裁判所に申し出て相続人の相続権を奪うことができるんです。

相続欠格と相続人の廃除があったら、直系卑属が代襲相続することになります。

 

相続登記017-753-1257(平日土)900~1800

相続についてお悩みのかたへ
おひとりで悩まずに
お気軽にお問い合わせください。
電話 017-753-1257
(平日 土曜)9:00~18:00
メールは24時間365日対応

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)